新型コロナウイルス感染症予防への取組みについて(11/21更新)

いつも東バスを御利用いただきましてありがとうございます。

弊社では、主に新型コロナウイルス感染予防対策を下記の内容で実施しております。

・運行終了後の車内消毒

・路線バスは、窓を一部開けての走行(晴天時)

・車内の空調設備を外気導入に切り替えて走行

・バスターミナル待合室への消毒液の設置

・貸切バス、定期観光バスへの消毒液の設置

・全乗務員の乗務前検温の実施

・運転席と客席の間にビニール仕切りの設置

・バスガイド付観光の場合、原則最前列席を空けての案内

(乗車人員上やむを得ず最前列席を使用する場合は前方を向いての着席案内となる場合がございます)

・貸切バス乗務員による、チャーター機、修学旅行等で実施しておりました空港での歓迎セレモニーも中止させていただきます。

・バス車内で乗務員によるパンフレット類の手渡し配布も中止させていただきますのでご了承願います。

・バス車内での飲酒、食事、弁当も禁止とさせていただきます。(水・お茶・ジュースなど水分補給程度のものは可)

◆外気導入状態での走行となるため、高温日は冷房能力が低下する場合がございます。

◆ご乗車の際は、ご面倒でも感染症予防のためマスクの着用、他のお客様との間隔の確保のご協力をよろしくお願い申し上げます。

◆その他、日本バス協会制定のガイドラインに準じて感染症拡大予防に努めて参ります。

◆弊社使用車両メーカー(三菱FUSO)による外気導入イメージ(動画あり)⇒https://www.mitsubishi-fuso.com/oa/jp/information/COVID-19_measure_sightseeing_bus/index.html

◆日本バス協会発行 貸切バス向けリーフレット ⇒ http://www.bus.or.jp/covid-19/pdf/kashikiri_guideline_leaflet.pdf

DSC_2124DSCPDC_0000_BURST20200723140446743DSCPDC_0000_BURST20200723140546680ama3DSC_2190